遊漁規則

青森県内水面漁業調整規則

遊漁規則とマナーを守りましょう

川や湖の魚を捕る際は、事業として行う漁業の場合も、レクリエーションとして行う遊漁の場合も、漁業法と水産資源保護法およびこの二つの法律に基づいて定められている青森県内内水面漁業調整規則のきまりをまもらなければなりません。さらに漁業権が免許されている漁場では、漁業については漁業権行使規則を、遊漁については漁業規則のきまりを守らなければなりません。

自然にやさしく

釣り人が捨てた釣り糸、針、オモリにより、野鳥が傷つき死んでいく事例が、県内でも増えています。また、放置された釣りの仕掛けで、川に遊びに来た子供がけがをした事例もあります。漁業者、遊漁者が出すゴミがゼロにならなければ、漁業、遊漁は地域住民に認知されず、健全な発展は望めません。弁当、空き缶などのゴミを持ち帰るのは当然として、釣りの最中はゴミや切れた仕掛けを入れるゴミ袋を持つこと、携帯用の灰皿を持参するなど、配慮が必要です。

釣りのライセンスを忘れずに!

釣りをするときは、遊漁券(遊漁承認証)を購入し、釣り場では腕章を見えやすく付けてください。また、漁場監視員の指示と指導には従ってください。

他人への気配りを

釣り場では、先着者にあいさつをして、適当な間隔を置き、割り込みはしないこと。狭い場所では譲りあって釣りましょう。河川湖沼では漁業を営んでいる場所もあり、漁業を妨げないように気を付けましょう。また、駐車をするときは、地元の人の生活や仕事に迷惑がかからないよう気を配りたいものです。

外来魚の駆除にご協力を!

ブラックバス(オオクチバス、コクチバス)、ブルーギルは外国から入ってきた魚で、最近ゲームフィッシングのため各地に移植されています。しかし、これらの魚は魚食性で、繁殖力が強いため、アユ、ワカサギ、コイ、フナなど、日本にもともと生息している生き物に悪影響を与えることが心配されています。ブラックバス、ブルーギルを駆除するため、釣ったときは再放流(リリース)しないようご協力をお願いします。豊かなふるさとの自然を私たちの手で守りましょう!!

無謀な釣りは命取り

釣り場の周りの電線には十分注意を払ってください。電線に釣り竿がふれて、感電するという事故が起こっています。電気を通しやすいカーボン製の釣り竿は特に危険です。グラスファイバーや竹の釣り竿の場合でも、水に濡れていると感電することがあります。釣行するときは、気象情報を前もって調べ、河川の増水やなだれによる事故防止につとめることも大事です。家族のため、自分自身のため、安全で楽しい釣りを心がけましょう。

詳細な規則内容はこちらから【PDF】
Menu
Close Menu